読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート脱却!正社員を目指してオナ禁365日!

ニート脱却とオナ禁365日を目標としたブログです。

オナ禁21日目!

オナ禁21日目も無事にクリアです。

いまの気分はちょいうつですけど……笑

 

成人式の映像とか見てしまって気分が落ちてる感じです。

20歳なのに自分よりしっかりしてる人多いなーとか、

成人式後に男女で楽しく飲み会してる様子が映ってたりとか、

ふと、自分の現状と比べてしまいます。

 

それに僕は成人式に出なかったのでさらに……笑

大学生のときに成人したんですけど、

地元に友達0人だったので行かなくて良いかなと思って。

行っても惨めな気分になってしまうと。

 

そんな過去も相まってか、

成人式でキラキラな未来を信じてる人を見るのが辛いです。

はい、完全に個人的な理由です……笑

 

これもいまの自分が最悪な状態だからですかね?

毎日が楽しいと思えるような人生になれば、

急に襲われるうつ気分から解放されるのでしょうか?

20歳おめでとう。これからの人生楽しんでね。

と心からお祝いできるようになるのでしょうか?

 

成人式に参加している若者を見ると、

ついつい大人になって苦労してしまえ!と思ってしまいます。

そして、こんなことを考えてる自分が嫌いになります。

まさに負のスパイラルですね……笑

人の幸せを心から願える人間になりたい。

 

いつから僕はこんな人間になってしまったのだろうか。

いつから人の幸せを妬んで、不幸を喜ぶように……。

 

こんな人生を生きるとは夢にも思ってなかった。

普通にサラリーマンになって普通に結婚して、

普通に友達の幸せを願って、

普通にテレビで映る人たちを応援して、

そんな風に普通に生きると思ってました。

 

いまは何もかもが遠い……笑

ニートだし、結婚どころか恋愛経験0。

友達の不幸を願って、テレビを見て自己嫌悪。

本当に理想とは真逆の人生。

 

子どもの頃からやり直したい。

いまからだと、どんなに頑張っても覆せない。

そもそも頑張れない性格だから今こうなってるわけで……。

そんな人間が頑張れるわけがない。

うつ気分のときはそんなことばかり考えてしまう。

 

すいません……。

ちょっと気分が落ち込んでいて変なことを書いてます。

 

話は変わりますけど先程まで、

テレビ「さんまの夢かなえたろか」を見てました。

 

ゆずをバックに演奏したいという企画があり、

16歳で亡くなった同級生男子のために、

吹奏楽部の女子5人組が応募した企画でした。

 

亡くなった16歳の方はかなりのイケメンで、

性格も良さそうで女子に大人気だったんだと思います。

生きてればリア充な人生が約束されてた人。

亡くなった後も想ってくれる異性の友達がいっぱい。

 

なんで自分のようなクズが生きていて、

こんな順風満帆な方が亡くなってしまうのだろうか。

 

僕が今日死んだとしても誰にも気づかれない。

僕を思い出してくれるような友達は一人もいない。

正直、両親はニートがいなくなって安心するのでは?

そんなことを考えると無性に寂しくなります。

 

彼には死んだあとも想ってくれる人がいっぱいいる。

でも僕には一人もいない。

誰にも思い出されず、

悲しまれずに死んだ僕の人生って一体なんなのだろうか。

 

そう考えると死ぬのが本当に怖くなります。

まさしく孤独死に怯える人の心理かもしれない。

 

普段は死にたい死にたいと思っている僕ですけど、

いざ死ぬことを想像すると怖くて怖くてたまりません。

年をとっていくのも本当に怖い。

 

今ならまだ、

若者の集団に溶け込める見た目ではあります。

まあニートなので性格上は馴染めませんけど……笑

 

テレビとかで学生の集団が写っても、

まだ現実的には届く距離に留まっている。

 

必死にお金を貯めて生活を安定させて、

コミュニケーション能力を磨いて、

若者の多い何かの習い事でも始めればいい。

いっそ、大学を再受験してもいいかもしれない。

 

でも、ニートのまま50代になったら……。

もうそんな希望すら持つことができない。

そんな中で今日みたいに

テレビで若者の楽しそうな映像を見てしまったら……。

きっともう生きる気力がなくなってしまう気がする。

 

頑張らなければ、頑張らなければ。

でも目標が遠すぎて辛い……。

 

と、どうやら今日は疲れてるみたいです。

こんな日はもう寝てしまおうと思います。

 

長々と気分の沈んだ内容でごめんなさい。

とりあえず寝て気分をリセットしたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。