読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート脱却!正社員を目指してオナ禁365日!

ニート脱却とオナ禁365日を目標としたブログです。

オナ禁44日目!

オナ禁 趣味

今日は少し早めに更新ができました。

といっても12時すぎてますけど……笑

 

でも、今までの深夜3時の更新に比べたら早めかなと。

というわけでオナ禁44日目もクリアです。

 

そして、今日は何と朝7時に起きれました!

目標である4時間睡眠をまさか初日で達成です……笑

といっても睡眠は習慣化して初めて達成といえますけど。

 

でも、体調崩してからはずっと寝過ごす生活だったので、

まさか起きれるとは思ってもいませんでした。

もしかしたらオナ禁効果?と期待してしまいます。

 

この時間まで起きてますけど、とりあえず普通に過ごせました。

今日は2時くらいに寝て6時くらいに起きてみようと思います。

2日連続は辛そうですけど、まずはチャレンジですね。

 

このまま毎日4時間まで睡眠時間を減らせたら、

きっと色々なことに時間を回せるようになりますよね。

ニートが何を言ってるんだって感じですけど……笑

 

ただ、僕はほんとに何も積み上げてこなかった人間なんです。

子供の頃から続けてる習い事も特技も友達さえもいない。

ほんとに何も持っていない20代なんです。

 

これも生きる気力を奪っている原因の1つでもあります。

例えばたまにやる気が出て、何か頑張ろうと意気込みます。

 

以前、イラストを描き始めたことがあるんですけど、

ちょっと頑張ったところですぐに人と比べてしまいました。

単純に描いてるのが楽しかったんですけど、

やっぱり人から評価されたり上手く描いたりしたいと思って。

 

ピクシブを覗くと絵が上手い素人さんが大量にいるわけです。

しかも中学生、高校生で自分より上手い人間がわんさかと。

自分の絵が小学生の落書きみたいに見えてきます……笑

 

でも、練習すればきっと僕も描けるようになるって頑張るんです。

描かないと下手なまま成長しないぞ!と。

今日から毎日描いていれば1年後は上手くなってるぞ!と。

 

そんな時にふと思うんです。

僕より上手い中高生の子たちも絵が好きで、

毎日イラスト描いてるんだよなと。

僕は20代でこんなに下手なイラスト描いてるのに、

この子たちはまだ10代の半ばでこんな上手いんだよなって。

彼らも毎日描いてるんだったら、

僕が毎日描いても一生追いつかないじゃないか……と。

 

中には10歳くらい歳の離れてる人もいて、

すでに僕より上手いイラスト描いている。

彼らが今の僕の歳と同じになるまで膨大な時間がある。

その間にどれだけ上達するんだろうか。

 

それじゃあ20代から始める僕は一生追いつけないのでは?

何で子供の頃から毎日イラスト描いてなかったんだ?

せめて高校生の頃から描き始めてれば今頃は……。

 

そんな考えばかり浮かんでくるようになります。

「それでも上手くなるには今から描くしかないんだよ」

頭では分かってても手が動かないんです。

「いまさら頑張っても無駄だよ」とか。

「昔から描いてた人には追いつけないよ」とか。

悪い考えばかりが頭の中をグルグル回り始めてしまいます。

 

だってそうでしょう?10歳も年下の人が、

自分とは比べられないくらい上手いイラストを描いている。

 

しかも、その人は別に10年に1度の天才少年とかではない。

ピクシブに大量にいる若者の一人なんです。

 

プロとして活動してる。

天才少年としてテレビに取り上げられてる。

そんな人が相手なら諦めがつくんです。

「やっぱり天才っているんだな」と。

 

でも、違うんです。

普通の中学生の素人さん。

普段学校に行って放課後や休日にイラストを描いている。

そんなどこにでもいるような人たち。

 

それなのに自分より格段に絵が上手い。

僕は10年も長く生きてるのに?

情けなくて情けなくてペンが止まります。

 

そう繰り返し考えていく度に、

決心したやる気がどんどん奪われていきます。

 

そのうち描くことが苦痛になってしまうのです。

始めた頃は絵を描くのが楽しいだけだった。

描くのが楽しくて始めたイラストなのに……。

いつの間にか周りと比べてしまう精神的に辛くなる。

 

結局すぐにイラスト描くことは辞めてしまいました。

 

例えが長くなってしまいましたが、

子供の頃から何も積み重ねていない。

これが僕の中では本当にトラウマなんです。

 

何をしても必ず誰かと比べてしまう。

いまさら遅いと思ってしまう。

そしてそのまま自分から辞めてしまう。

そんなことの繰り返しでした。

 

しかし、いま思えば、

あの頃からイラストを続けてればと良かったと思います。

もう数年前の話なので、

仮に今日まで毎日描いていたらかなり上達していたでしょう。

 

きっと今後イラストを再開することがあれば、

今度は一度やめたあの頃を後悔するのでしょう。

あの頃から続けていれば今頃はもう少し上手かったのにと。

 

何度も言っていますが、

ほんとに自分のこんな性格が嫌になります。

1つのことを継続できる人間に生まれたかった。

何でこんなにクズな性格なんだろうと。

 

さらに困ったことに、

この考え方だと後悔は日増しに強くなっていきます。

 

30代になったらせめて20代から始めてればと。

40代になったらせめて30代から始めてればと。

しかも40代の頃にはプラスαで、

20代から始めていればと思う気持ちも生まれているはず。

 

もし今日からイラストを始めて毎日描いていれば、

40代の頃にはイラスト歴20年。

20年はかなりでかいですよね。

ピクシブのランキングに届くレベルの上達も夢ではないはず。

 

つまり、僕の性格だと、

歳を重ねるごとに後悔の度合いが大きくなります。

50代まで今の自分のままだったらと考えると、

正直ゾッとします。

僕の性格だともう正気を保っていないかもです。

 

毎日毎日、自分の人生を後悔する50代。

そこは今より悲惨な状況であることに間違いありません。

 

だから、いまから何かを積み上げていきたい。

仕事でもいい。趣味でもいい。

最終的にはどっちも積み上げていきたい。

そう思うんです。

 

普通に仕事してお金を稼いで、

週末に趣味に精をだす。

もしイラストだったら、

たまにイベントとかに参加して。

そこで同じ趣味の仲間ができたりなんかして。

 

そんな未来を夢見ています。

諦めなければまだ手の届く場所にいる。

それだけが僕の心を支えてくれています。

手遅れになる前に、手遅れになる前に頑張らなければ。

 

仕事を探す前に、

趣味を探すのもありかもしれないですね。

心から楽しめるものがあれば精神は安定するのかも。

それを続けたいために仕事をする。

そんな原動力のようなものが必要な気がします。

 

というわけで、

何か趣味とかも探してみたいと思います。

もし始めたらブログで報告します。

自然と見つかってくれたら良いんですけど。

 

少し長くなってしまいましたね。

とりあえず今日はこの辺で失礼します。

閲覧ありがとうございました。