読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート脱却!正社員を目指してオナ禁365日!

ニート脱却とオナ禁365日を目標としたブログです。

オナ禁91日目!

もうすぐオナ禁91日目が終わります。

最近は毎日更新する習慣が出来てきました。

良い感じのリズムですね。

このまま継続できるように頑張ります。

 

話は変わりますけど昨日はテレビで、

リーダーズというドラマを見ていました。

2年くらい前にやっていた2夜連続放送の

スペシャルドラマの再放送です。

 

今度新作が放送されるということで、

夜の7時から4時間の再放送をしていました。

 

リーダーズというのは、

まだ日本に車を作る技術が無かった時代、

戦前から戦後にかけて、

自動車作りの基礎を築いた方々の物語です。

 

このドラマは愛知のとある会社で、

その会社の前社長の息子である愛知佐一郎という男が、

一から自動車を作っていく物語です。

 

ドラマ中で佐一郎は

愛知自動車という会社を設立します。

ドラマでは愛知自動車となっていますけど、

実際はトヨタ自動車という名前です。

 

リーダーズトヨタ自動車創業者の、

豊田喜一郎さんの実話を元にしたドラマとなっています。

 

ドラマの佐一郎が自動車を作り始めた時代は、

日本で自動車を作ると言うと鼻で笑われる時代でした。

アメリカより50年遅れいている技術力だったらしいです。

 

ドラマの中でも佐一郎は自動車作りを

道楽だと馬鹿にされていました。

それでも試作を重ねて自動車を作っていきます。

 

僕から見たらそれだけでも凄すぎます……笑

人に笑われても仲間たちと物事をやり抜く。

こんな方に人間はついていくんだなと思いました。

 

リーダーシップどころか、

コミュニケーションもままならない僕に取っては、

まさに雲の上の存在を見ているようでした。

 

一から自動車を作れるようになるだけでも、

本当に凄いことなのに、

佐一郎は様々な試練を乗り越えていきます。

 

それは戦争という時代の流れです。

自動車作りが流れに乗った頃に戦争が始まって

軍事用のトラック開発を余儀なくされ、

工場も1/4が空襲で焼き払われ、

戦後の不況で自動車作りどころでは無くなり、

アメリカのGHQに日本経済が左右されるようになり、

軍事用トラックを作っていた愛知自動車は、

軍事会社認定されて自動車作りを禁止されてしまいます。

 

その後、何とか自動車を作れるようになっても、

戦後の不況に自動車のような高級品は

買い手が全くつかない状況。

日銀の金融引き締めによって

1000社以上の会社が倒産してしまい、

50万人以上が職を失って路上に溢れかえっていた時代。

 

こんな時代に会社を潰さず、

日本経済の将来を見据えて自動車を作り続けた人間。

本当に凄すぎて信じられないです。

 

実際にトヨタ自動車豊田喜一郎さんは

こんなことを成し遂げた方なんですよね……。

もちろんドラマ用に実話を変えている点も

いくつかあるとは思いますけど。

それでも本当に凄すぎて驚嘆します。

 

いまでは有名な日本の自動車。

当たり前のように日本の自動車は凄いと感じていました。

でも、日本で自動車作りなんてありえないという、

そんな時代が実際に存在していて、

そこから現代の日本自動車を

一から築き上げた方々がいるんですよね……。

 

それも今みたいに安定した時代ではなくて、

戦争に全てを左右されていた時代。

本当に日本が貧しくて倒産が相次いでいた時代。

どれだけ凄いんだと思ってしまいます。

 

もちろん自動車だけではなくて、

戦後の日本はどの産業も死活問題だったんですよね……。

それをここまで立て直した方々が大勢いる。

 

いまの豊かな日本があるのは、

決して当たり前ではないんですよね。

普段は忘れてしまってますけど、

少しでもそんな方々のことを胸に刻んで、

僕も世の中の為に頑張れたらと良いなと思います。

今ある日常は過去の日本を支えてくれた方々のおかげ。

それを忘れずに生きていきたいです。

 

というわけで今日はこの辺で失礼します。

僕もしっかり働いて人生を全うできるように頑張ります。