読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート脱却!正社員を目指してオナ禁365日!

ニート脱却とオナ禁365日を目標としたブログです。

オナ禁108日目!

オナ禁108日目です。

これで煩悩が108個消えてたら嬉しいんですけど……笑

そんなことは無く、まだまだ煩悩だらけです。

 

今日は先ほどまで自転車をのんびり漕いでました。

天気が良くて暖かそうだったので自然と外出できました。

いつの間にか春になっていたんですね。

このくらいの気温が1番好きです。

 

あと、家の近くの桜がとてもキレイに咲いていました。

やっぱりまったりした気持ちになれますね。

お花見が好きな人の気持ちも分かります。

 

そして春になると学生の頃に戻りたいという葛藤が生まれます。

やっぱり学生って特別なんだなとしみじみ思いますね。

この時期は大学に入学したときのことを思い出しては、

あの頃に戻って青春をやり直したいと後悔してしまいます。

 

まともな友達が1人もいなかった大学時代って……。

最後の貴重な青春を何に使ってたんだ、と後悔してもしきれません。

 

高校までは虐められていましたが、

大学では虐めなどはなかった代わりに影が薄い感じでした。

そりゃ大学は自分から動かないと何も生まれないですもんね……笑

 

高校まで虐められていたことがトラウマで、

なるべく人と関わらないように、

そして人を刺激しないように大学では過ごしていました。

 

いま思えばそれが間違いでしたね……。

大学では閉鎖的な高校までのクラス制度とは違って、

基本的に受ける授業によって人なんてバラバラで、

同じメンバーで同じ授業を受けていくなんてありません。

(仲良い人とわざわざ合わせるとかでしたら別ですけど)

それに何といっても毎回席が自由ですし。

 

これって普通に虐められにくい環境ですよね?

ずっと同じ環境で同じ顔ぶれで過ごす高校までのクラス。

たしかにその中ではカーストが生まれやすいですし、

一度虐められたら逃げられないという恐怖があります。

 

でも、僕の通っていた大学では、

ほとんど同じ顔ぶれで集まる授業なんてありませんでした。

必修科目でも50人以上の人がいて、

名前も顔も一致しない人ばかりです。

これって限りなく虐められにくい環境ですよね?

 

そもそも虐められてもその授業を落とせば、

いつでも離れられるわけです。

必修の場合でも最悪来年受ければ良いですし。

それに授業終わりにわざわざ虐める人なんていません……笑

 

高校までは休み時間なども強制的に同じ空間で過ごすことになるので、

すごく絡まれやすい環境ですけど、

大学では休み時間に教室に留まる人なんて皆無です。

なぜなら次の授業では教室もメンバーも変わるんですから。

 

つまり、大学では積極的に動くべきだったんです……。

別に嫌われても関係を避ければ良いだけで、

それを繰り返していくうちに気の合う仲間に出会えたかもしれない。

 

それを在学中に気づくべきでした……。

ありもしない虐めに怯えて影を潜めた4年間。

本当に無駄だったと確信できます。

やり直したい、でもやり直せない……。

 

もしブログを読んでいる方で、

これから大学生になる方がいましたら、

僕と同じ過ちは犯さないでほしいです……。

僕みたいに春になるたびに後悔する人生が待ってます……笑

 

というわけで今日はそろそろ失礼します。

ここまでの閲覧ありがとうございました。