読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート脱却!正社員を目指してオナ禁365日!

ニート脱却とオナ禁365日を目標としたブログです。

よく噛んで食べること/オナ禁126日目!

オナ禁126日目です。

3日連続4時起き達成しました。

まだまだ起きてすぐは眠いですけど少しずつ慣らしていきたいです。

 

ということで小学校みたいなタイトルですいません…笑

実はこれは最近の食事中に気をつけていることです。

新しい習慣というよりはなるべく意識するようにしていることです。

 

子どもの頃は誰もが言われたことがある言葉だと思いますけど、

恐らく大体の人は何となく聞き流していましたよね?

毎回30回噛むなんて面倒くさいと。

僕もその1人です…笑

普通に無意識に食べると10回噛むくらいだと思います。

 

とくに噛む回数が少なくても困らないですもんね?

普通に飲み込めますし、飲み込んだあとはどうでも良いですし…笑

そんなこんなで僕も何となく無意識に食事で咀嚼してきました。

 

今まで何度かテレビの健康番組で「良く噛む」ことの健康効果は見てました。

噛むと唾液の分泌が多くなって虫歯予防になったり、

脳(特に前頭葉)が刺激されて脳トレにもなったり、

食べ物を細かくして消化を助けるなどの効果を見たことがあります。

それでもただ何となく見ていただけで実行したことは1度もありませんでした。

 

なぜ今になって意識し始めたのかと言うと、

大まかに言えば自分磨きの影響で健康美容オタクになりかけているからです…笑

それともう1つ大きな理由があります。

 

これもブログで書いていなかったことなんですけど、

去年のオナ禁を初めた頃から食事は1日2食で腹八分目にしています。

 

現代人は食事の量が多すぎると言われています。

腹一杯食べると老化を早めるというのは聞いたことがあると思います。

なのでなるべく腹八分目で抑えるようにしています。

1日2食については胃腸を休める時間を作るために行っています。

これに関しては1日3食で栄養をしっかり摂ったほうが良いという意見もあります。

どちらが正しいのかは正確には分かってないみたいですけどね。

それに1日1食の人もいれば個人差もあるので一概には言えないと思います。

 

ということで僕は胃腸を休めた方が良いという意見の賛成派です。

なので夜ご飯を食べてから次の日の昼ご飯まで固形物は一切食べません。

 

胃腸というのは消化にかなり時間がかかるもので、

1日3食だと1日中、胃腸が休まる時間が一切ありません。

これを365日続けるということは、

お腹の中は年中無休のコンビニ状態ということです。

これは素人目に見ても臓器を酷使しすぎなのでは?と思いました。

 

それに、これはまだ研究段階みたいですけど、

お腹が鳴っているときには「サーチュイン遺伝子」、

通称若返りホルモンが分泌されているとのこと。

なので出来るだけお腹を空かせてご飯を食べると良いみたいです。

あくまで研究段階なので信じるか信じないかは人それぞれですけどね。

一応、マウスなどでは既に効果が実証されているらしいです。

 

そんなこんなで胃腸を休めることの大切さを信じている僕にとって、

咀嚼の段階で消化を手助けできるならやるっきゃない!

という感じで「よく噛んで食べること」を意識し始めました。

あまり噛まずに食べ物が胃に入るのと、

歯で出来る限り細かくした食べ物では胃の負担は俄然違いますよね。

 

ただ、流石に毎回30回噛むと言うのはハードルが高いので、

出来るだけ意識して多めに噛むという方法をとっています。

噛むことを意識しすぎて食事がつまらなくなったら本末転倒ですもんね。

 

ちなみにいくら寝ても疲れが取れない人などは、

寝ている間に胃腸を酷使しすぎている可能性があるとのこと。

消化するという行動には莫大な血流が必要になるみたいです。

なので、食べ過ぎたり寝る直前に食事を摂ってしまうと、

身体の血液が大量に消化器官に使われるため上手く疲れが取れないのだとか。

 

そんなこんなで色々な方向から身体に良いことを試していけたらと思います。

また何かあったら出来るだけブログで紹介していきたいです。

オナ禁当初に始めた習慣はまだまだ書くのが追いついていないですけど、

その点に関しては追々ということで勘弁ください。

やっぱり溜まりすぎると消化が間に合わなくなるんですね……笑

 

ではでは今日も閲覧ありがとうございました。